ホーム > 安全・安心 > くらしの相談 > 新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う消費者関連情報

ここから本文です。

更新日:2020年8月27日

消費者の皆さんへ (新型コロナウイルス関連)

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、消費者としてご注意していただきたいこと

新型コロナウイルス感染が続く状況の下、食料品や生活必需品が必要な人に届くよう、正しい情報を見極め、デマに惑わされず、冷静な購買活動をお願いいたします。

 

    令和2年8月25日に「国民生活安定緊急措置法施行令の一部を改正する政令」が閣議決定され、8月29日以降、アルコール消毒製品及びマスクの転売規制が解除されます。

 

 新型コロナウイルス感染症に便乗した詐欺が発生しています!

新型コロナウイルスの感染拡大に関連した詐欺や不審電話、不審メール、悪質商法が多発しています。

 

 

全国の消費生活センター等に寄せられている詐欺や不審電話等の事例を紹介します。

 

【事例1】
市の新型コロナウイルス対策室を名乗り、個人情報を聞き出す不審な電話を受けた。
【事例2】
携帯電話会社名で、新型コロナウイルス関係の助成金を配布するとのメールが届いた。
【事例3】
自宅の固定電話に「新型コロナウイルスの検査が無料で受けられる。マイナンバーが必要。これから自宅に行く」という電話があった。
【事例4】
信用金庫の職員を名乗る電話があり、新型コロナウイルスの関係で必要と口座番号と暗証番号を聞かれた。
【事例5】
息子を名乗り「会社の上司に借りたお金を返して」と電話があり、上司から「新型コロナウイルスで困っているのですぐにお金を返してほしい」と頼まれ、現金を手渡した。

  各事例の詳しい内容は、こちら(国民生活センターHPへリンク)(外部サイトへリンク)

 

 今後も新たな手口の詐欺が行われる可能性があります。少しでもおかしいと感じたら早めに下松市消費生活センター(0833-44-0999)または下松警察署(0833-44-0110)ご相談ください。

 


 

 


 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:生活安全課くらしの相談係

山口県下松市大手町3丁目3番3号

電話番号:0833-45-1827

ページの先頭へ戻る