ホーム > 子育て・教育 > 助成・相談 > 不妊・不育症治療費助成事業 > 一般不妊治療費助成事業

ここから本文です。

更新日:2021年4月5日

一般不妊治療費助成事業

助成の対象は、タイミング法や男女の薬物療法・不妊検査などの医療保険適用の不妊治療費のうち、自己負担額分です。

助成の申請は、治療を受けた日の属する年度内に行ってください。

助成の回数

  • 1年度あたり3万円以内
  • 通算5年
  • 年齢制限はありませんが、3年目以降は医師が必要と判断したものに限ります。

申請に必要なもの

夫婦それぞれの印鑑を持って、次の書類を窓口に提出してください。

  1. 申請書(PDF:103KB)
  2. 医療機関等証明書(医療機関用(PDF:93KB))医療機関に記入をお願いしてください。
  3. 医療機関等証明書(薬局用(PDF:64KB))医療機関分の治療費が3万円を超える場合は不要です。
  4. 医療機関等証明書に記載した治療費等を証明する領収書(原本)
  5. 法律上の夫婦であることを証明する書類(続柄記載のある住民票等
  6. 夫婦の前年の所得額が分かる所得証明書(夫婦それぞれの証明書が必要です。)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康増進課 

山口県下松市中央町21番1号

電話番号:0833-41-1234

ページの先頭へ戻る