ホーム > くらし・手続き > 都市整備 > 下松市の花と緑 > 2020年(令和2年)下松市内の開花状況

ここから本文です。

更新日:2020年2月14日

2020年(令和2年)下松市内の開花状況

現在の開花状況をお知らせします。

過去の開花状況は以下の通りです。

その他、下松市内の花の名所について

 カワヅザクラ

花は淡紅色で、花弁は5枚の一重咲き、花の径は4~4.5cmで下向きに咲きます。
原木は、1955年頃に、野生種を静岡県伊豆の河津に移植されたと言われています。河津町では川沿いに多く植えられて、2月中旬から1ヶ月ほど開花し、観光名所となっています。オオシマザクラ系とカンヒザクラ系の自然交雑種と推定されています。

笠戸島で一番大きなカワヅザクラは、標高250mから笠戸湾を見渡せる丘にある家族旅行村と県道笠戸島線を結ぶ散策路内にあります。昭和51~53年頃に植栽されました。

カワヅザクラの開花は、下松に春の訪れを教えてくれる風物詩の一つと言えます。

写真

月日(曜日)

状況

0213笠戸島カワヅ01(JPG:111KB) 2月13日(木曜日)

笠戸島のカワヅザクラが3~5分咲きです。

見頃は来週と思われます。

0213笠戸島カワヅ02(JPG:117KB)

花にメジロが集まっていました。

0213笠戸島カワヅ03(JPG:145KB)

笠戸島家族旅行村下の散策路には笠戸島で一番大きいカワヅザクラがあります。

そちらは現在見頃です。

0213笠戸島カワヅ04(JPG:157KB)

0213笠戸島カワヅ05(JPG:160KB)

場所はこちらになります。

0213笠戸島位置図(JPG:189KB)

0205笠戸カワズザクラ01(JPG:84KB) 2月5日(水曜日)

笠戸島のカワヅザクラが咲き始めました。

0205笠戸カワヅザクラ02(JPG:91KB)

 

 

 菜の花

春の訪れを感じることができる『菜の花』は、アブラナ科アブラナ属の植物の総称として用いられています。

古くから、食用・観賞用・修景用に用いられています。

今年は、大城入口・記念の杜・玉鶴花壇(市民運動場前)・米川(米泉湖北側)・下松スポーツ公園などで育成しています。

写真

月日(曜日)

状況

2013記念菜の花01(JPG:101KB) 2月13日(木曜日)

記念の杜菜の花が咲き始めました。

現在3分咲き程度です。

記念の杜:開花範囲=約750平方メートル、本数=約25,000本

2013記念菜の花02(JPG:118KB)

0205大城菜の花01(JPG:149KB)

 

2月5日(水曜日)

大城入口の菜の花が咲き始めました。

カワヅザクラの開花と合わせて、同時に楽しめます。

大城入口:開花範囲=約35平方メートル、本数=約1,200本

0205大城菜の花02(JPG:176KB)

 

 

 

お問い合わせ

所属課室:都市整備課公園緑化係

山口県下松市大手町3丁目3番3号

電話番号:0833-45-1857

ページの先頭へ戻る