ホーム > くらし・手続き > 上下水道 > 給水装置に関する情報 > 寒波による水道管凍結の対策について

ここから本文です。

更新日:2021年12月27日

寒波による水道管凍結の対策について

水道管の凍結破裂対策1水道管の凍結破裂対策2

 

 

2021年1月は非常に強い寒波の影響で、下松市では水道管の破裂や断水など400件以上のお問い合わせがありました。

寒波による凍結のときは、修理当番店等に修理依頼が集中しますので、すぐに対応することが出来ません。

凍結により発生する修理費等はお客さま負担となります。

凍結しやすい場所(家の北側の水道管、日が当たりにくい水道管、風のよく当たる場所にある水道管など)は早めに凍結防止の準備をしましょう。

 

水道メーターの位置の確認について

漏水時に備えて事前に水道メーターの位置と、メーター内の止水栓の開閉確認をしておきましょう。

メーターの位置が分からないときは給水係(0833-41-2110)にお問い合わせください。

凍結防止対策について

  • 防寒の方法

管に保温材(毛布や布など)を巻く。蛇口も破裂しやすいので完全に包む。防寒の方法

その上からビニールなどを巻き、保温材が濡れないようにする。

  • 凍結防止の方法

水の流れが止まらない程度に水を流しておく。

散水用ホース等は蛇口から外しておく。

 

給湯器の凍結対策も必要です。詳しいことは、ご使用のメーカーにお問い合わせください。

凍結してしまったら

  • 自然に溶けるのを待つ。
  • 凍ってしまった部分にタオルなどを被せて、ゆっくりとぬるま湯(人肌程度)をかける。

(熱湯はかけないでください。かけた部分が破裂することがあります。)

  • 凍ってしまった部分にドライヤーの温風をあてる。

漏水の確認について

水道メーターを見て漏水しているかどうか確認することが出来ます。パイロットマーク

家のすべての蛇口を閉めた状態で、パイロットマークが回転して

いたらどこかで漏水している可能性があります。

 

水道管が破裂したら

  • 止水栓(水道メーターボックス内)を閉めて、漏水を止めてください。地下式の水道メーター

家のすべての水が止まります。

凍結により発生する修理費等はお客さま負担となります。

マンション等の場合、管理人・管理会社に相談してください。

 

お問い合わせ

所属課室:上下水道局水道課給水係

山口県下松市大手町3丁目3番2号

電話番号:0833-41-2110

ファックス番号:0833-41-6093

ページの先頭へ戻る